《出展者紹介》動物たちとの心のすれ違いを取り除く〜DOG DAY’S みゆう

パートナーアニマルの心と体のプロ・現役トリマー

現役のトリマーであり、元々は動物看護師でもあるみゆうさん。
ご自身のトリミングサロンを運営する傍ら、トリミングを行うパートナーアニマルたちの心にも寄り添いたいとアニマルコミュニケーションやカラーセラピーなどのセッションも行なっています。

そんなみゆうさんが、動物看護師からトリマーへの転身理由は、平たく言ってしまうと「動物病院では病気の早期発見ができないから」

飼い主としての自分の行動を振り返るとわかりやすいんですが、動物病院って何か不調や気がかりなことがあると行く場所というイメージがあるんですよね。
定期的に投薬や検査が必要なコは別だけれど、パートナーアニマルたちも動物病院=好きじゃない、みたいな認識が多いんじゃないでしょうか?

方やトリミングは、不調に関係なく月に1度など定期的に通う飼い主さんが殆ど。
定期的に通ってくるアニマルたちの体を隅無く触ってチェックしながら、綺麗に洗い上げて、必要であればカットもするのがトリマーのお仕事。

医療従事者ではないけれど、隅無く体を触るので不調の入り口を見つけやすいし、飼い主さんからのちょっと気がかりだなというご相談も受けやすいポジション。

そういったポジションと動物看護師、トリマーの知識と目線をもって関わってくれるのが、みゆうさんのアニマルコミュニケーションの特徴です
アニマルコミュニケーションによくある、飼い主さんの「なぜ?」「どうして?」といった質問の答えにプラスして、暮らしの中での接し方なんかもフィードバックしてくれます。

過去には、訓練所で「このコは無理」と匙を投げられてしまったわんこと飼い主さんの絆をアニマルコミュニケーションでつなぎ直したこともあるそう。
表面上見える行動とその奥にある心の理由、そして実はどうしてもらいたいのか、飼い主としてどう接したらいいのか…犬はこうあるべき、といった情報ではなくて経験と心の機微を読み取ったアドバイスは、おうちのコと今以上に心を寄り添わせるきっかけになるはず。

心の澱や錘を軽くしてくれる、メンテナンス時間

今やかなりメジャーとなった感じのある、アニマルコミュニケーション。
わたしたちが使う言語ではない方法でパートナーアニマルと対話をし、その内容をフィードバックしてくれます。

アニマルコミュニケーションが飼い主さんとパートナーアニマルとの心のすれ違いを補うものだとしたら、カラーセラピーは自分自身の意識と心のすれ違いを補うもの。

キラキラと輝くスワロフスキーのカラーアイテムを使って、自分では自覚していない心の澱や錘を軽くし、自分自身とのすれ違いを解いてくれます。
スワロフスキーのアイテムを使うにも理由があるんですよね。

人は基本的に綺麗なもの、美しいものには目を惹かれます。ただただ純粋に「綺麗だな」「気になるな」と無意識に選んだ色ひとつにも意味があり、その色をもって自覚していなかった、本来は誰かに助けて欲しかった心を視覚化します。
過去、現在、未来の心を模様を映し出す色とりどりのスワロフスキー。でもそれは決して怖いものではなくて、自分自身を大切にするためのきっかけ。

みゆうさんのメニューは、すべて今現在の気づいていない心の機微を知って、明日へ進んでいくためのもの。
悩みの深い浅いは関係なく、心の澱や錘を軽くしてくれるメンテナンスの時間です。

みゆうさんの出展メニュー

アニマルコミュニケーション

20分 2000円

虹のしずくカラーセラピー

20分 2000円

DOG-DAY’S 小型犬トリミングサロン
2004.6.10.dog.days@gmail.com